マンション査定ガイド | マンション売却の注意点

マンションを売買するときに気をつけたいことにはどんなことがあるでしょうか?後のトラブルを避けるためにも、注意点をしっかり理解して準備をしたいものです。

 

・引渡しまでに気をつけたいこと

売買契約を締結すると、所有権移転と物件の引き渡しなどが義務になります。約束の期日までに果たせなければ、債務不履行(約束違反)で違約金が生じるときもあります。

 

所有権移転登記の準備

登記申請は司法書士に委任します。司法書士や不動産会社に必要書類を確認して、漏れのないようにします。これができないと、約束した期日に所有権移転登記ができません。
登記記録の記載内容と事実が異なる場合、登記識別情報または権利証を紛失した場合などは特別な手続きが必要です。時間がかかることもありますので早く準備しましょう。

 

抵当権の抹消の準備

物件に抵当権がある場合は、金融機関に残債額の確認、ローンの全額返済と抵当権抹消の準備をします。金融機関と引き渡しのスケジュールを調整しなければなりません。。

 

土地の実測や境界確認

土地家屋調査士に依頼し、隣地所有者も立ち会わなければなりませんので、早めにスケジュールの調整を行いましょう。

 

現地確認

売り主、買い主、不動産会社立会いのもと、現地の確認をします。境界、付帯設備、契約条件の確認など、契約事項について確認します。

 

引っ越し

引き渡しまでに退去をしなければなりません。買い主に物件を確実に引き渡せるよう準備をします。ガス・水道・電気等の公共料金精算も行います。

 

その他にも固定資産税や都市計画税、管理費などの精算、 引き渡す書類等の準備(建築関係書類、鍵など)をもれなく行いましょう。

 

すべてが終わったら、不動産会社に仲介料を支払いきちんと領収書まで受け取りましょう。以上が、主に引渡しまでの注意点です。

 

・税金の注意点

引渡しのほかにも気をつけたいことは、税金です。不動産の売却による譲渡益は、所得税と住民税が課税されます。ただし、居住の場合はさまざまな控除があります。たとえば、3000万円の特別控除があります。そのような税金についてもしっかり通じていなければなりません。税金もしっかりと予算に組み入れましょう。突然税金がたくさんきてびっくりしたということがないようにしましょう。
さらに、確定申告の際にはしっかりこのことを申告しなければなりません。忘れずに行いましょう。

マンション査定ガイド | マンション売却の注意点エントリー一覧