マンション査定ガイド | 専属専任媒介契約

仲介の依頼を受けた不動産会社には、媒介契約の締結が法的に義務づけられています。つまり、売り手の側も法律に沿った契約であることを忘れてはいけません。契約違反をするならば、それなりのペナルティがあることを覚えておきましょう。ですから、この媒介契約を締結するときには、きちんと媒介の種類を理解していなければなりません。ここでは、専属専任媒介について取り上げます。

 

 

・専属専任媒介とは?

専任媒介契約の一種で、売り手は仲介業者が見つけた相手方としか契約できないものです。自分で取引相手を見つけることもできません。契約期間は3か月以内で、依頼者側の義務も多い代わりに仲介会社の義務も厳しいです。もしも契約違反をしたときは違約金が生じます。契約から5日以内に指定流通機構(レインズ)に物件を登録しなければならず、週に1回以上の活動報告も義務です。このような特徴から、媒介契約の中でもっとも速やかな成約が期待できるタイプです。ですから早く家を売りたい方などに適しています。

 

・専属専任媒介のメリット

売却活動を一社に限定していますので、会社が売却活動を適正にしないと売れません。その結果として、業者の責任は非常に大きいです。そのため、業者は必死にならざるを得ません。仲介手数料は成功報酬ですので、成約に至らないと利益が回収できないため、業者側も必死になります。

 

このタイプの媒介手段の最大のメリットは、委任を受けた不動産会社が、全力で活動するということです。
さらに、1つの会社を通しての取引ですので情報がまとまっています。現在の販売状況をよく把握することができます。

 

・専属専任媒介のデメリット

売主に真実の情報を伝えず、不動産会社の都合によって販売状況が変わってしまう場合があります。悪質な業者は、自社で買い手が見つかるまで他不動産会社に紹介することなく、他社からの問い合わせや案内依頼があっていても、正直に報告せずに金額の値下げを誘引し、自社で買い手を捜すこともあります。

 

その結果、実際はさらに高額で売れるのに、不動産会社の都合に振り回されて安く売ってしまうこともあります。

 

専属専任媒介の注意点としてはこのタイプの媒介手段は不動産会社にかかっています。ですから、誠実な不動産会社を見分けなければなりません。ここからがスタートです。真摯な会社が見つかるならばスムーズな取引が行える専属専任媒介は、効果的な方法といえるでしょう。

 

マンション査定ガイド | 専属専任媒介契約エントリー一覧