マンション査定ガイド | マンション査定に役立つ分譲時のパンフレットは取っておく

訪問査定のときに、用意しておきたいものには何があるでしょうか?特にマンションの売却を考えているときにいえることです。それは、分譲当時のパンフレットです。ただパンフレットがあれば言い訳ではありません。そのバンフレットでも大事な部分があります。それは価格表です。この価格表こそ、査定時に役立つものなんです。特にそういえるのが、同じマンションで売り物件があるときです。では、なぜ価格表が査定時に役立つかを、具体的に説明したいと思います。

 

・計算方法
例えば、同じマンションの物件が3000万円で売りに出されています。6階の部屋です。
自分は7階の部屋を売りに出します。そのときに大体いくらで売りに出すかを悩むかも知れません。そんなときこそ役立つのが、価格表なんです。

 

分譲当時の価格を知ることで、売りに出す価格を決めやすくなります。6の部屋が3,500万円で分譲されていました。自分の部屋は3,800万円でした。このとき(分譲当時)の部屋の価格差はいくらでしょうか?

 

3800万円―3500万円=300万円です。パーセントで考えると、

300万円÷3500万円=約8.5%です。
この分譲当時の価格差をそのまま、中古の物件として売りに出すときに当てはめればいいのです。
6階の現在の売り出し価格×108.5%=自分の家の売り出し予定額
3000万円×108.5%=3255万円

 

この計算結果からすると、3255万円くらいで売りに出される出あろうという予想がつきます。この予想価格は、価格表を比べることによってこそ知ることができる情報なのです。

 

よく考えてみると、価格表はマンション分譲のプロが考えに考えたすえに出した価格です。試行錯誤の結果なのです。ですから、価格差のパーセンテージには、信頼が置けるのではないでしょうか?適正な価格差を計算しているといえます。そのため物件を売るときにも、参考資料になるのは納得できます。

 

マンションの売却を考えて、分譲していたときに受け取った書類などは捨てるのではなく大事に取って置きましょう。一見分譲マンションのパンフレットは一度購入してしまえば、不必要なもののように思えるかも知れませんが、大事な資料なのです。マンションを購入する前には、売るときのことも考えて行動するようにしましょう。もしかすると役立つときがくるかも知れません。どこでどのような働きをしてくれるかは、未知なのです。

 

マンション査定ガイド | マンション査定に役立つ分譲時のパンフレットは取っておくエントリー一覧