マンション査定ガイド | マンション購入のトラブル

住宅購入において心配なのが、トラブルです。大きな買い物ですので、気持ちよく買ってよかったと心から思いたいものですね。そこで、トラブルを未然に防ぐには買い手にも努力が求められます。どんなトラブルが起こる可能性があるかを事前に知っておくようにしましょう。そうすれば、契約を交わす前にトラブルになりそうな芽をつぶすことができます。

 

契約上のトラブル;契約が解除できない

手付金を支払ったあとに、他の物件が気に入ったり、家庭の事情で購入を見合わせなければならなくなることもあります。そんなときは一度契約を破棄したいものです。知っておきたいことのひとつに、手付金を放棄すれば契約解除できる法律があることです。ただしこれにも、条件があります。

 

適用されるのは、「契約の相手方が履行に着手するまで」なのです。これが判断が非常に難しいのです。なぜならば、個々の判断だからです。売り主が不動産の所有権移転登記を申請した時、引き渡しを受ける前、オプションを設置する前など、判断基準が明確ではないからです。不動産業者と事前に確認を行いましょう。

 

住宅ローンの審査に落ちて契約を解除しなければならないときは、融資特約に入っていれば手付金も返してもらえ、契約も解除できます。

 

不動産会社とのトラブル;聞いたここと違う

ペット可のマンションだと聞いていたのに、24時間ごみ捨てOKのマンションだと聞いていたのに、、、、。実際は違った!ということもあります。マンション販売時の担当者が、間違った情報で案内を行ったというケースが非常に多いです。どんな物件を購入するにしても、どうしても譲れなかった条件を満たしているので、購入を決めたという項目をきちんと確認しましょう。

 

そしてそれらが、入居後にきちんと確保されるのかどうかを、重要事項説明書や契約内容に記載してもらいましょう。書面に残すというのが後々大事になってきます。説明と違う内容が記載されていないかという点も、基地印と確かめましょう。。

 

起こりそうなトラブル;予定と違う

当分の間、隣は空き地だという説明と違って、建設計画が急に始まってしまうこともあります。重要事項説明においては、隣接地の建設計画をきちんと説明する義務が業者側にはあります。しかし、これを怠る業者もいるためにトラブルになってしまいます。隣接地が空き地の場合は、重要事項説明書に隣接地の建設計画の記載の有無をきちんと確認しましょう。

 

マンション査定ガイド | マンション購入のトラブルエントリー一覧